和菓子と月見だんご、十五夜のこと

和菓子
小布施堂「うさぎまんじゅう」

「仙太郎」で月見だんごを買ったら『和菓子歳時記』といいう小さな三つ折りの添え書きが付いてきた。表に「月見だんご」「こいも」 と書いてある。「仙太郎」は京都の店だから月見だんごは里芋形だ。

十五夜は旧暦の8月15日で中秋の名月。

旧暦の場合、7、8、9月が秋なので8月が真ん中で中秋となる。名月を観賞することは古くから行われていたが、庶民に親しまれる行事となったのは江戸時代に入ってからだ。

月見に団子やススキを供えるのは、秋の収穫を感謝する意味もあって、団子は米、ススキは稲穂で農作物の収穫を象徴する。団子の代わりに里芋を供える地域もあるから芋名月ともいう。関東の団子は丸形で中京は里芋形が多い。

団子は挽いた米をこねて丸めて蒸して作る。江戸の家庭や商家では十五夜に一人15個の小さな団子を人数分用意して家族や奉公人に配ったという。供えた団子は翌日に醤油をつけて焼いて食べた。

月見には八月十五夜のほかに九月十三夜(旧暦9月13日)、十夜(旧暦10月10日)とあって、十三夜は栗名月・豆名月といわれる。栗や豆が秋の収穫物を象徴するのは芋と同じだ。

芋、栗、豆は和菓子の素材には欠かせない。そもそも豆(=小豆)は餡そのものといっても良いし、和菓子から栗や芋をなくしてしまったらそれはあまりにもさみしい。

「仙太郎」の月見団子は餡を外側に巻いた形で、白くてまるい団子を月、餡を夜空や雲に見立てている。「現在の月見だんごは、近世の菓子屋の工夫であり…」と添え書きにあるように、餡に包まれた白いだんごは立体感があってふっくらした丸みがたしかに夜空に浮かぶ月に見える。

来月の十三夜は栗名月。買いに行くなら月見にちなんだ栗羊羹なんかいいかもしれない。

うさぎまんじゅうをいっしょに買って来ればそれだけで月見はOKな気がする。

名月より和菓子に気持がいってしまうのは、やっぱり月より団子だから?

コメント

タイトルとURLをコピーしました